画像
車の修理が必要となる症状

title

車の修理が必要となる症状

車の心臓部分であるエンジンや安全の確保に欠かせないブレーキに異常が起きてしまうと、故障や事故といった重大なトラブルに発展する場合があります。走行中などに違和感があれば、早めに修理を行うことが大切です。

エンジンの音やニオイの異常

 エンジンの音やニオイの異常

エンジンの異音は不具合の原因によって音が異なるので、音によってどのようなトラブルが起きているのかを把握することができます。ベルト類の故障は「キュルキュル」という音になり、エンジン内部の不具合なら「カタカタ」という音が出ます。

また、発進や加速時にアクセルと踏むと「ガタガタ」なる、エンジンから焦げたようなニオイがする場合は乗車をやめ、すぐに修理に出しましょう。

エンジン内部の故障が起きている場合は致命損傷になる可能性が高く、場合によっては乗車すると危険なこともあるのです。

ブレーキを踏んだ際の違和感

 ブレーキを踏んだ際の違和感

ブレーキを踏んだ時にカクカクと感じる場合は、マスターシリンダーなどの不具合が考えられます。

また、ブレーキフルードの漏れや汚れ、空気混入した状態になると踏み心地が柔らかくなったり、床板との隙間が少なくなったりします。

ブレーキを踏むとキーキーという音が出るなら、ブレーキパッドの硬化が考えられるので修理を検討しましょう。

 ランプの故障

他の車に対して意思表示を行うウィンカーランプは点滅の間隔が1分間に60~120回と定められており、これより遅いまたは早い場合は修理や交換を行う必要があります。また、車幅を知らせるクリアランスランプや運転を行う上で必要とするヘッドランプなど、ランプ類がしっかり点灯しているかを定期的にチェックし、必要に応じて整備や修理を行いましょう。

 タイヤのヒビや異物による影響

タイヤは使い続けていくうちにすり減り、劣化していくものです。
タイヤの溝が残っていても、ヒビや亀裂があったら交換を行う必要があります。
亀裂やヒビが入ったまま走行を続けるとバーストする恐れがあるので注意しましょう。
また、小石などの異物がタイヤの溝に咬み込まれている場合や、釘などの金属が刺さってしまっている場合は無理に取り除こうとせず修理業者に相談しましょう。無理に取り除くことでタイヤの空気が抜けてしまい、走行不能になる恐れがあります。

車の修理を必要とする場合には、鹿児島県日置市にある当店をご利用ください。
車のへこみやキズ、エアコンの不具合など、愛車のトラブルを修理して快適な運転を楽しみましょう。
愛車を長期間にわたって大切に利用し続けたい方、安い費用で安心できるサポートを受けたい方はお気軽に当店へご相談ください。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!