日置市 4WDへの切り替え不良 スズキ ジムニー 費用:130,009円│車修理 南さつま市  SHINBORI.J  【新堀自動車】

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • 4WDへの切り替え不良 水温計の不具合 スズキ ジムニー 費用:130,009円│車修理 南さつま市

4WDへの切り替え不良 水温計の不具合 スズキ ジムニー 費用:130,009円│車修理 南さつま市

 南さつま市にお住いのO様より、スズキ ジムニー「水温計の不具合」「4WDへの切り替え不良」の修理依頼

南さつま市在住のO様より、スズキ ジムニー「水温計の不具合」「4WDへの切り替え不良」の修理依頼をいただきました。

HPを見て初めてご来店いただきました。ありがとうございます。平成23年式スズキ ジムニーで、今回の故障内容は「水温計が上がったり下がったりする」「4WDが入らない」の2点。10年も大切に乗られていることがよく分かります。早速、不具合の原因を調べて修理をしていきます。

 水温計の不具合の原因はサーモスタットの作動不良部品交換で対応

まずは「水温計が上下する」原因を調べました。

原因は、サーモスタットの作動不良でした。というわけで、新品のサーモスタットに交換し、合わせてエンジン冷却水の補充をしました。エンジン冷却水は、クーラント液不凍液とも呼ばれるもので、エンジンを冷却するための液体のこと。車の心臓とも言えるエンジンの温度を下げてオーバーヒートを防ぐという、非常に大事な役割があります。そのため、エンジン冷却水が不足していたり、漏れてたりしないように定期的なメンテナンスや点検が重要。

 4WDへの切り替え不良、トランスファーアクチュエータASSYトランスファーギアを交換 費用:130,009円

続いて、4WDへの切り替え不良の修理です。

4WDの車には、トランスファーというエンジンの力をフロントタイヤとリアタイヤに分配する部品があります。トランスファーによって、2WDモードと4WDモードに変換するんですね。今回は、トランスファーアクチュエータASSYトランスファーギアを交換することで無事4WDへの切り替え不良が直りました。

車の年式が古かったり、4WDの切り替えを普段からあまりしていないと部品内部で固着してしまいます。そのため、定期的に切り替えを行うことで、今回のような故障を防げることもあります。

 鹿児島県日置市で4WD車の不具合修理は新堀自動車にお任せください

鹿児島県日置市にある新堀自動車では、国産車はもちろん、ベンツ・BMW・アウディといった輸入車まで、90%以上の車修理に対応いたします。4DW車の水温計の不具合や4WDへの切り替え不良修理もお任せください。日置市以外にも、南さつま市鹿児島市からご来店いただいているお客様もいらっしゃいます。

099-296-3441

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ