日置市 ドライブシャフト交換 ホンダ フィット | 車修理 日置市 SHINBORI.J  【新堀自動車】

  • HOME
  • 修理
  • ドライブシャフト交換 ホンダ フィット | 車修理 日置市

ドライブシャフト交換 ホンダ フィット | 車修理 日置市

 日置市にお住まいのお客様より、ホンダフィットドライブシャフト交換のご依頼

日置市にお住まいのお客様より、ホンダフィットドライブシャフト交換のご依頼です。今回は「前輪から異音がする」とのことでご来店いただきました。調べてみると、ドライブシャフトから異音がしていることが確認できました。

ドライブシャフトとは、エンジンの動力を伝える部品のことです。シャフトという言葉には、軸という意味があります。エンジンはガソリンによって回転し動力を発生させますが、その回転力をタイヤに伝える働きをするものです。

ドライブシャフトから異音がする場合は、原因は主に二つ考えられます。 一つ目は、高速でコーナリングの多い、駆動輪に負荷のかかる運転を続けたことによるボールベアリングの破損です。 もう一つの原因は、ドライブシャフトブーツが破れ、グリスが流出したことによる、ジョイント部分の焼き付きです。

 ドライブシャフトを交換いたしましました

ドライブシャフトを交換いたしました。

異音がないことを確認し、納品です。これで安心して乗っていただけます。ありがとうございました。また何かございましたらいつでもご相談ください。

 ドライブシャフトの交換時期は?

ドライブシャフト自体は金属の棒なので、耐久性が高く交換が必要になるということはあまりありません。通常の使用であれば、最低でも15年から20年ドライブシャフトの交換は必要ないと思います。

しかし、今回のように「前輪から異音がする…。」と思ったら、大事になる前にすぐに修理していくことをおススメいたします。

ドライブシャフトの異音は、パーツの破損が始まった最初の段階なので、そのまま放っておくと走行中に振動が発生します。振動が発生していると危険な状態であり、そのまま走ると車を制御できず事故を起こす可能性もありますので、早めの対処が必要です。

 【車修理事例】
異音修理 日産 プリメーラ

車の左前から「コトコト」と異音がするとご相談がありました。

クルマを走らせていて足回りから「コトコト・ゴトゴト」異音がする場合はショックアブソーバーオイル抜けが原因の場合が多いです。今回は、左ナックルアーム・左ショックアブソーバーを交換することによって、足回りの異音がなくなりました。

>>詳しいページへ

 【車修理事例】
イグニッションコイル交換 スズキ ワゴンR

ワゴンRが坂道を登らないとのご相談をいただきました。

車が坂道を登らない原因は、ミッションの「すべり」が起きている・エアコンをつけている・イグニッションコイルやスパークプラグの不具合などが挙げられます。今回の原因は、イグニッションコイルとスパークプラグの不調でした。これらを新品に交換して無事直りました。

>>詳しいページへ

 お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

鹿児島県日置市にある新堀自動車は、国産オールメーカーの車修理に対応。輸入車修理も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。長年腕を磨いてきたベテランスタッフによる高品質な修理をお約束。

099-296-3441
>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!