画像
車を長持ちさせるために心掛けること

  • HOME
  • その他
  • 車を長持ちさせるために心掛けること

title

車を長持ちさせるために心掛けること

愛車を長持ちさせて快適に使い続けるためには、メンテナンスをきちんと行うことが大切です。
車を長持ちさせるためにはいくつか心掛けることがあり、日頃から意識することで大切な車を長く安心して使い続けることへ繋がります。

エンジンオイルのこまめな交換

 エンジンオイルのこまめな交換

エンジンは車を動かす大事な役割を担っています。
しかし、エンジンオイルの劣化によりエンジン機能が十分に果たせなくなってしまうと、エンジンの寿命がどんどん短くなってしまいます。

エンジンの故障に繋がることも考えられるので、3ヶ月に1回もしくは3,000~5,000kmに1回のタイミングでエンジンオイルを交換しましょう。こまめなエンジンオイルの交換は車の寿命を伸ばすだけではなく、燃費の良さにも繋がります。

日常的に点検を行いしっかりお手入れをする

 日常的に点検を行いしっかりお手入れをする

車を長く使うなら、日常的にしっかりお手入れを行いましょう。
タイヤの空気圧のチェックは運転トラブルの防止にも繋がり、洗車やワックスがけも車の寿命に関係してきます。

日常の点検を意識して行っていれば、トラブルに関わるような小さな異常の発見に繋がるだけではなく、運転を行う上での快適性や安全性の確保にもなるので、ぜひ意識して取り組んでみましょう。

 「急」がつく運転をしない

運転に慣れてくると、ついつい乱暴な運転の仕方になりがちになっていませんか?
急発進や急停止、急カーブなどといった「急」がつく運転の仕方は、ブレーキ系統やエンジンなどに大きな負担がかかり、燃費が悪くなるばかりか寿命を短くする原因です。急がつく運転をやめ、安全運転を心掛けましょう。
安全運転は自分の身を守るだけではなく、愛車を守る上でも大切なことなのです。

日頃のメンテナンスや運転の仕方だけでなく、車のトラブルに気づいたとき早めに修理することも車を長持ちさせるために大切です。小さなキズや気になるへこみ、エアコンの不具合など車の修理についてお考えなら、鹿児島県にある当店にお任せください。修理費用を抑えて安い料金でお悩みを解決したいというご相談や、修理期間についてのご相談なども承っております。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!