画像
買取と下取りの違い

title

買取と下取りの違い

新しい車を購入する際には、今使っている車の売却をお考えになると思います。
車の売却には買取と下取りの方法があり、2つの違いをご紹介いたします。車の売却で損をしないためにも、違いをきちんと理解しましょう。

車の買取と下取りの違いとは

 車の買取と下取りの違いとは

車の買取とは、買取専門店などに車を売却し車の売却代金を現金で受け取ることができます。一方、下取りとは新しく車を購入しようと考えている販売店に今乗っている車を引き取ってもらうことです。

下取り価格の代金は新しく購入する車の代金にそのまま充てられるので、売却代金は直接受け取りません。下取り価格はお店の基準を基にして車のキズや状態に合わせて減額されていき、算出されることが一般的です。

車の買い替えを考えるなら下取りを利用することがポピュラーとなっていますが、どちらの売却方法にもそれぞれのメリットがあります。目的やその時の状況に合わせて選ぶことがおすすめです。

それぞれのメリットや気をつけることを理解しよう

 それぞれのメリットや気をつけることを理解しよう

車を買取してもらうメリットとしては、いくつか店舗を回れることにより買取金額を比較しやすいところです。一番高い価格で買取をしてくれる店舗を選べることや、お店の特色によって通常より高めの値段を付けてくれるところもあります。

しかし、相場金額の変動が敏感なので売却日を明確にしないと低めの査定を提示されることもあるので気をつけましょう。

下取りのメリットは、新しく車を購入する販売店で購入と下取りの契約をまとめてできるという便利さがあり、お店によって購入する車の値引きが行えない場合、下取りで補填してくれるケースがあることです。

しかし、人気の車種や装備などの評価はあまりプラスにならない傾向にあるという点を意識しましょう。

口コミでの評価が高く安心できる車の販売店をお探しなら、鹿児島県日置市にある当店をご利用ください。車の買取や下取りを行い、査定に関するご相談も承っております。また、修理やパーツ交換なども行っています。お客様が安心して快適に運転を行えるようサポートいたします。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!